良質な睡眠 | アルコール依存症じゃないけど酒をやめたい!

  1. 自己破産から覚醒までの物語
  2. 96 view

26. 断酒といっしょに考えること「製造される夢」

そもそも私達は何故アルコールで身を持ち崩してしまったのでしょうか。誰もが「自分が悪い」「私が弱いからだ」「夫(妻)が悪い」などと考えているのではないでしょうか。しかし元を辿って考えてみると決して私達のせいではないことに気づくでしょう。犯人は他にいるのです。これからする話はにわかには信じられないと思いますので少し外側から話し始めて徐々に核心に迫ってみたいと思います。

まずマイホームの話です。平均的な日本人は「将来はマイホームや分譲マンションを持ちたい」という夢を持っていても違和感はありません。ちょっと贅沢にリビング・ダイニングは20畳、奥さんのために対面キッチンと大きな冷蔵庫、お風呂は広めの1.25坪タイプ、2階には主寝室と2つの子ども部屋、1階と2階にトイレがあり、広いウォークインクローゼット、できれば自分が仕事部屋としても使える書斎も欲しい。分譲マンションだったら都会の夜景が一望できる高層階がいい。これらはバチが当たるほどの贅沢な夢ではありませんし既にそんな風に暮らしている方も大勢いらっしゃると思います。しかしその「夢」はどこから来たのでしょうか。本当にあなたやご家族の夢なのでしょうか。

日本人の平均身長は40歳〜49歳の男性が171.4cm、40歳〜49歳の女性が157.9cmです。どんなに手を振り回しても20畳は必要ありませんよね。暖房で体を温められれば良いだけなのに豪華な家具まで温めることになります。20畳の壁・天井・窓・床を全部温めてから人間が温まるのは熱効率が悪すぎると思いませんか。冷房も同じです。正月でもスーパーマーケットやコンビニが空いている時代に大きな冷蔵庫に食材を沢山詰め込んで冷蔵するのも効率が悪いと思います。しかし大手家電量販店には大型の冷蔵庫が並んでいますよね。幸せの象徴として奥さんは目を輝かせることでしょう。

子ども部屋を与えるのが常識と考えられていますが本当に集中して勉強するでしょうか。私の経験では親の目の届かないところで悪いことばかりしていたような思い出があります。屋根に取り付けた太陽光発電は本当に元が取れるのでしょうか。最先端の発電技術のかたまりを屋外に設置していてもし保証期間が切れた後で壊れたらどれくらいの修理代がかかるのでしょうか。発電を考えるより節電を考えた方が確実だと思います。

もしあなたがそう気づいてやめようとしても奥さんや子ども達が反対するでしょう。ママ友・子ども同士・お互いの実家・会社の同僚・同級生・ご近所さんなどの社会全体がそれを手に入れることを幸せと考えていて誰も疑う余地のない人生の夢だと共通に認識しているからです。

実はこの人生最大の買い物と言われているマイホームをあなたが購入することによって本当の願望を叶えているのは不動産業界・建設業界・金融業界・インテリア・家電業界・マスメディア業界・省庁・天下り先法人……そしてその背後にいる世界金融資本です。夢を見た人の一生は彼らのためにあります。彼らはテレビ・新聞・映画・ネット・見本市などのイベントや政策と連携してずっと長い間国民が自発的な夢と錯覚するように洗脳し続けてきたことを知らないでしょう。

もし私達が「部屋全体を温めるのは非効率なのでコタツで十分」……「子ども達も居間のコタツで勉強させれば頭が冴える」……「冷蔵庫も中型で十分」……「寝る時はコタツを片付けて押入れから布団を出して家族みんなで川の字になって寝る方が体も心も暖かい」というような考えに変わったら3,000万〜5,000万を30年間働いて返す必要はなくなります。

いったいこれは何を意味しているのでしょうか。世界金融資本家は人々に夢を見させれば見させるほど儲かるのです。人々は体が小さくても「6畳より20畳の部屋が欲しい」という夢を見せられることによって彼らのために一生働く家畜になります。そのためにハリウッド映画やテレビドラマがあるということに気づいている人は多くありません。人を疑わない日本人はアメリカ人がみんなあのような暮らしをしていると思っているでしょう。これが夢の製造です。「夢」とはハムスターに象のオリを与えるようなものなのです。そして全世界の人々は彼らのためにせっせ富を渡し続けて一生を終えます。

ある会計士が「自動車の車体・ガソリン代・オイル交換・車検代・定期点検・任意保険・重量税・駐車代・高速代・タイヤ交換・その他を含む維持費を合計すると年間で80万円になる」とホームページで公開していました。50年所有すると4,000万円になります。(日産キューブとして計算)仕事で使うなら経費になりますが移動の目的だけでクルマを所有すると支払いのために働くことになります。通勤・子供の送り迎え・食材の買い出し・盆暮れやゴールデンウィークの帰省などに公共交通機関を利用すると4,000万円分豊かな人生が送れます。逆に考えるとその分を働かなくてもよくなるのです。しかし「自由」という欺瞞に振り回されると金融資本家の奴隷になります。

マイホームのローンのために奥さんがパートに出る……パートに出るから子供を保育園に預ける……パート先や保育園の送り迎えにクルマが必要になる……家のローンにクルマのローンが加算される。学校に上がったら子供を塾に通わせる……スポーツクラブにも入れる……またお金がかかる……学資保険も生命保険もかかる。旦那の給料は上がらない……ずっとパートをやめられない……ビールでも飲まないと寝られない……あれから20年……アルコールやめられない。

どうせ今帰ったって子供たちはもう寝てる……女房はパートで疲れて機嫌が悪い……家のローンやクルマのローンや保険や塾やなんだかんだで俺の小遣いは上がらない……千ベロ(1,000円でベロベロ)の居酒屋でも寄らなくちゃ帰る気になれない……あれから20年……アルコールやめられない。なんかみんな夢のために苦しんでますよね。

奥さんがパートに行かずに小学校・中学校・高校の教科書を12年かけて子どもといっしょに勉強して学校から帰って来た子供に教える……これだけで保育園いらない、クルマいらない、パート行かない、塾行かない……夢のために必要だと信じていたものが必要なくなります。勉強方法だってネットで調べられますし、司法試験を受験するわけではありませんからどんなに難しくても教科書の範囲です。学生時代に勉強が嫌いだったのは目的がはっきりしていなかったからやる気が出なかっただけで子供が志望大学に合格するならもう一度勉強してもいいんじゃないでしょうか。これで4,000万浮いた上に塾代も浮きます。

テレビは彼らの洗脳装置なので処分します。「つけておくだけ」という「ながら視聴」でも洗脳されてしまいます。マイホーム・マイカー・保険・金融商品・投資……彼らはテレビを使って催眠をかけています。広告業界が作り出すトレンドにも洗脳が仕込まれています。「負け犬」「キャリアウーマン」「高学歴エリート」「外資系」「ネイティブスピーカー」……全て別に良くも悪くもない普通の事です。外国からUターンした子どもは誰でも「帰国子女」なのに大層な名前をつけて持ち上げます。結婚しなくても負け犬ではありませんし男性のようにに働くことが女性本来の幸せでもありません。しかし国民共通の「夢」から外れると負け組に入れられてしまうので必死に彼らの作り上げたテンプレートの中へ居続けようとしているのです。

しかし超安定職種といわれていた銀行の現場で崩壊が始まっています。8年努めた30代の行員は同期の50%が退職して行ったと語っていました。親が苦労して大学まで出したのは何のためだったのでしょうか。夢は幻想なのです。彼らに富を集中させるために巧妙にしかけられたトリックなのです。もうかつてあった夢のテンプレートに居続けられるのは極一部の人達だけです。夢という超付加価値のために幸せを見失いつつも支払い続けているのです。アルコールに逃れる人が増えても不思議ではありません。答えは「夢」という洗脳から覚醒することです。家は家賃1万円代の県営アパートに引っ越してクルマを処分すると一生で約8,000万円浮きます。これは人生のために使える時間をもたらすでしょう。

これからAIによって多くの職種が消滅していきます。そうなった時にやりたくない仕事するのか、AIにはできない分野で才能を発揮するかは、この自分のための時間にかかっています。今はマイホームがあってもリストラされたら人手に渡らざるを得ないのが現実です。夢はあるけど手に入らない。手にはしたけど幸せを実感している暇はない。いつ失うかもわからないので何も信じられない。アルコールに依存しなければ生きていけない社会が形成されてしまいました。あなたは製造された夢から逃れられますか?

 

人生の復活をかけたメルマガ

「酒さえ飲まなければいい人」と噂されるようになったらアルコール依存症の一歩手前まで来ているかもしれません。私の様に飲酒後の行動を思い出せないほど飲み過ぎるのは先天的な「飲酒不適合者」の可能性を疑ってください。 取り返しのつかない過ちを犯す前に生活習慣を見直した方が良いと思います。しかし人間にはホメオスタシスが備わっていますから簡単には習慣を変えられません。思考で習慣を変えるのではなく行動で習慣を変えた方法を無料メルマガで配信しています。

無料メルマガ:断酒覚醒(準備編)アルコール依存症になる前の「思考革命」

無料メルマガサンプル:断酒覚醒(準備編)アルコール依存症になる前の「思考革命」

自己破産から覚醒までの物語の最近記事

  1. 36. 断酒アウトプット・プログラム

  2. 35. 断酒の始め方

  3. 34. 失われた30年の真実

  4. 33. 断酒には段階がある

  5. 32. アルコール性多重人格症について

関連記事

PAGE TOP